北ミサイル発射 その時、北海道では…慌ただしく情報収集する道庁危機対策課「被害なし!」の声飛び交い

 北朝鮮のミサイル発射を受け、北海道庁では29日午前6時過ぎから危機対策課の職員らが次々と登庁。当直の2人に加え、10数人が情報収集にあたった。

 ホワイトボードには「5時58分 ミサイル3発発射」「6時12分 襟裳岬東方の東約1180kmの太平洋上に落下 破壊措置の実施なし」という文章が書き込まれた。「釧路、被害なし」などの声が飛び交い、道内の自治体からの被害状況を確認した。

 人工衛星を使って防災無線から地方自治体に瞬時に伝達する「Jアラート」と、内閣官房から緊急情報が流れる「EmーNet(エムネット)」が道内で運用されるのは初めて。

 辻井弘文危機対策課長は「今のところ、被害は報告されていない。道民の皆さんは不審物を発見した場合は、警察や消防などに通報してほしい」と話していた。

 午前9時から、北朝鮮ミサイル発射の緊急テレビ会議が行われる。高橋はるみ知事は視察で稚内市にいるため、宗谷総合振興局(稚内市)で参加する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ