北ミサイル グアム「状況注視続ける」

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、米領グアムの安全保障当局は29日「グアムへの差し迫った脅威ではない」とした上で「状況を注視し続ける」との声明を出した。

 北朝鮮は8月上旬、グアム沖へのミサイル発射計画検討を表明。グアム当局は着弾時の対応マニュアルを緊急に作るなどした。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ