北ミサイルの首都圏“直撃”阻止 深夜の日米会談に安倍氏「完全に一致」 トランプ氏強調「対話は解決策ではない!」

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領は8月30日深夜、2日連続で日米電話首脳会談を行った。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過したことを受け、さらに圧力強化で連携することを確認した。ミサイル発射継続を宣言した北朝鮮と、ツイッターで軍事力行使を示唆したトランプ氏。軍事専門家は、北朝鮮が今後、東京や大阪上空にミサイルを飛来(通過)させて威嚇する可能性を指摘した。北朝鮮の許し難い暴挙を、日米同盟で断固阻止しなければならない。 

 「米国は25年間、北朝鮮と対話し、金をゆすり取られてきた。対話は解決策ではない!」

 トランプ氏が8月30日、ツイッターに投稿したメッセージだ。一時は正恩氏への期待を示していたトランプ氏だが、暴走をやめないことに怒りを爆発させた。最後の「Talking is not the answer!」は、軍事行動の可能性を示唆したといえる。

 同日深夜には、安倍首相とトランプ氏の電話首脳会談が行われた。時間は約30分。日米の首脳が2日連続で電話会談するのは極めて異例だ。

 安倍首相は会談後、「トランプ氏と最新の情勢について分析し、今後の対応を話し合った。現在の情勢の認識や今後の対応について話せないが、完全に一致した」と記者団に語った。両首脳は、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に、さらなる圧力が必要との認識で一致したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ