韓国の弾道ミサイル重量制限を解除 米韓首脳が電話会談で合意 文在寅大統領「THAAD配備、速やかに完了する」

 【ワシントン=加納宏幸、ソウル=桜井紀雄】トランプ米大統領は4日、北朝鮮による6回目の核実験を受けて韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話会談し、韓国が保有する弾道ミサイルの弾頭重量制限を解除することで合意した。北朝鮮の脅威が高まったことを踏まえ、攻撃能力や抑止力を強める。米韓両政府が発表した。

 韓国は米韓の「ミサイル指針」により、弾道ミサイルの射程は800キロ、弾頭重量は500キロに制限されている。韓国側は通常弾頭の重量制限を1トンまで増やすよう求め、協議が進められてきた。トランプ氏は今回の核実験を受け、制限解除に同意した。

 また、文氏は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を「国内の手続きに従い、できるだけ速やかに完了する」と伝えた。電話会談に先立ち、韓国政府は4日、THAAD発射台4基を近く臨時に追加配備すると発表していた。

 トランプ氏は、米国が韓国に対し、数十億ドル(数千億円)相当の兵器などの装備品を売却することを承認したと伝えた。

 両首脳は会談で、北朝鮮の核実験は「全世界に対する重大な脅威」であるとの認識で一致した。「全ての手段」を用いて、北朝鮮に対する圧力を最大化させることで合意し、米韓両軍の共同対処能力を強化することも確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ