韓国、THAAD配備で衝突 警察と反対住民

 【ソウル=桜井紀雄】韓国国防省は6日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の発射台4基を7日に南部の星州(ソンジュ)に搬入し、配備作業を行うと明らかにした。聯合ニュースによると、警察が7日午前0時ごろから配備に反対する市民ら約400人に解散を求めたところ、衝突が起きたという。

 星州では既に2基が配備されている。追加配備に慎重だった文在寅大統領は7月末の北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、急遽、臨時配備を指示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ