ハリウッドのセクハラ、米女優ら20人超が告発 大物映画プロデューサー

 【ニューヨーク=上塚真由】「恋に落ちたシェークスピア」や「英国王のスピーチ」などヒット作品を数多く手がけた米ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が約30年間にわたり、セクハラ行為を繰り返していたことが明らかとなり、米国内で波紋が広がっている。人気女優のグウィネス・パルトロウさんやアンジェリーナ・ジョリーさんも被害を告白。民主党支持者として知られるワインスタイン氏に、政界も距離を置き始めた。

 ワインスタイン氏のセクハラ疑惑は、米紙ニューヨーク・タイムズが5日、女優やモデルらの告発記事を掲載して発覚。その後、米誌ニューヨーカーで3人の女性がレイプ被害を訴えるなど、被害者は20人を超えている。

 パルトロウさんは初の主演映画「エマ」の配役が決まった22歳のとき、ホテルに呼び出された。体に手を置かれて「ベッドルームでマッサージをしよう」と誘われたが、その場で誘いを断り、当時交際していた俳優のブラッド・ピットさんがワインスタイン氏に抗議したという。

 ジョリーさんも1990年代後半に、ホテルに誘われたと告白。同氏と二度と仕事をしないことを決めたというジョリーさんは、「このような女性への振る舞いはどんな分野、どんな国であれ、受け入れられない」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ