駐日フランス大使「EUの対北独自制裁に努力」と強調

 フランスのローラン・ピック駐日大使は13日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について「圧力をかけることによって交渉の場につかせる。日本と同じ立場だ」と強調した。

 その上で、「朝鮮半島の非核化に向けて欧州連合(EU)独自の制裁を加えることに努力していく」と語った。(岡田美月)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ