日米韓、北ミサイルの追跡訓練へ 米韓演習には空母ロナルド・レーガンなど参加

 【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は16日、朝鮮半島周辺の海上で共同演習を開始した。米原子力空母、ロナルド・レーガンを中心とした空母打撃群など約40隻を動員し、20日まで日本海や黄海で行われる。また、日米韓3カ国は、北朝鮮の弾道ミサイルを探知・追跡する訓練を月内にも実施する方向で調整を始めた。

 米韓当局は、北朝鮮の平壌近郊など複数個所で、ミサイルを搭載した移動式発射台を格納庫から移動させるといった動きを継続的に捕捉。北朝鮮が制裁に反発し、18日の中国共産党大会開幕に合わせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを発射する恐れもあるとみて警戒している。

 演習などに対し、朝鮮労働党機関紙、労働新聞は16日、「われわれへの公然の威嚇だ」と非難。演習期間に新たな軍事的挑発に踏み切れば、朝鮮半島情勢は一気に緊迫の度を増す。

 米軍側は演習開始を17日からとしており、17日から本格演習に入るもようだ。韓国からはイージス艦「世宗大王」などが参加。艦砲射撃や海上封鎖訓練のほか、北朝鮮の特殊部隊の急襲に備えた訓練も行う。

 13日に韓国・釜山に寄港した米最大級の原子力潜水艦、ミシガンも演習に合流するとみられる。韓国メディアによると、原潜には北朝鮮指導部を襲撃する「斬首作戦」を担う米特殊部隊も搭乗しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ