元慰安婦の意見、積極聴取 昼食会で韓国外相

 韓国の康京和外相は17日、従軍慰安婦問題解決に関する日韓合意について、成立経緯を外務省の作業部会で検討中だとして「最終結果が出れば、被害者をはじめ国民の意見を積極的に聴き、慰安婦問題に対する政府の立場を決めていく」と述べた。元慰安婦や家族、支援団体関係者らを招いた昼食会で話した。

 昼食会は、日韓合意がまとまる過程で元慰安婦らの意見が反映されなかったとする韓国内の批判を念頭に実施された。外務省は「今後もこのような努力を続けていく」と強調した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ