北朝鮮情勢 「忠犬の振る舞いは実に疎ましい」 トランプ米大統領支持の安倍晋三首相を北朝鮮が非難

 北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、安倍晋三首相が来日したトランプ米大統領との共同記者会見で「全ての選択肢がテーブルの上にある」とするトランプ氏への支持を表明したことについて「主人の対(北)朝鮮敵視政策の先頭に立ってふざけている忠犬の振る舞いは実に疎ましい」と非難する論評を配信した。

 論評は、安倍政権が朝鮮半島の緊張激化を「憲法改正や軍事大国化実現の良い口実と捉えている」と主張。そのため「核戦争の危機を高めているトランプの狂気戦略を、もろ手を挙げて支持している」と反発した。

 また「日本は張り子の虎にすぎない米国におもねり軽々しく振る舞っていては、悲惨な終末を迎えることになる」と警告した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ