米エルサレム首都認定 首都問題で安保理緊急会合 8カ国が要請

 【ニューヨーク=上塚真由】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、国連安全保障理事会は8日午前(日本時間9日未明)、緊急会合を開く。安保理15カ国のうち8カ国が6日、議長国の日本に開催を要請した。

 要請したのは英仏、ボリビア、エジプト、イタリア、セネガル、スウェーデン、ウルグアイ。国際社会からはトランプ氏の判断に反対する声明が相次いでおり、会合でも批判が集中するとみられる。米国は拒否権を持つため、決議などが採択される見込みはない。

 また、グテレス事務総長は6日、記者団に対し、「事務総長就任以来、イスラエルとパレスチナの和平への展望を脅かすいかなる一方的措置にも反対してきた」と強調。「(エルサレムの扱いは)国連総会と安全保障理事会の決議に基づき、イスラエルとパレスチナの直接交渉を通じて解決されなければならない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ