「被害者との意思疎通不十分」と韓国外相 日韓慰安婦合意の検証結果

 【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は26日、記者会見し、27日に発表される慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意の検証結果について、「合意が出されるまで、被害者(元慰安婦の女性)との意思疎通が相当に不足していたという結論になった」と述べた。

 韓国では今年5月の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、「(合意には)被害者の意見が反映されていない」とし、7月末に専門家ら9人で構成される康氏直属の作業部会を発足。5カ月間にわたり合意締結に至った過程の検証作業を進めてきた。

 康氏は「作業部会が重点を置いた部分は、被害者との意思疎通が十分になされたかどうかという点だった」と指摘した。その上で、「われわれが予想できた結論だが、十分に検討し、根拠を持って議論できる状況になった」と語った。

 さらに、「国民の70%が受け入れられず、特に被害者や支援団体が満足できないこの合意を韓国政府がどのように扱うかについてあらゆる選択肢を持ち、意思疎通を図らねばならない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ