日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

 フィリピンのマニラ湾を臨む遊歩道に、日本軍占領下(1942~45年)の慰安婦を象徴するフィリピン人女性の像が設置された。2017年12月8日の除幕式は、マニラ市や政府機関からも“来賓”を招いて行われた。先の大戦で日米の激戦地となったフィリピン。戦後は日比双方の努力で良好な関係を築き、2016年(平成28年)1月には天皇、皇后両陛下が訪問されきずなを強めた。にもかかわらず、日本人をおとしめる「慰安婦像」がなぜ出現したのか。現地での取材からは、政府機関である「フィリピン国家歴史委員会」の暴走ぶりと、地元の華人組織を駆使した中国の謀略が透けてみえた。(マニラ 吉村英輝)

碑文「極めて異例」

 「マスコミには対応しないよう言われているが、仕方ない。知っていることは話します」

 首都圏マニラ市にある政府機関「フィリピン国家歴史委員会」の建物内で17年12月13日、ある委員が匿名を条件に取材に応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ