「日韓合意は内容、手続きに間違い」 文在寅大統領、元慰安婦らに謝罪

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅大統領は4日、元慰安婦の女性8人を大統領府に招き、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について「みなさんの意見も聞かず、意思に反する合意をしたことを大統領として謝罪する」と伝えた。

 大統領府によると、文氏は「合意は真実と正義の原則に反するだけでなく、政府(朴槿恵前政権)がみなさんの意見を聞かず一方的に進めた。内容、手続き、いずれも間違ったものだ」と語った。「大統領として(日韓)両国間の公式合意だった事実は否定できないが、合意で問題が解決されたということは受け入れないと言明した」とし、「みなさんから話を聞き、政府の方針決定に役立てる」とも述べた。

 面会には元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)や、挺対協が主導する「正義記憶財団」の代表らが同席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ