米韓合同演習は平昌パラリンピック終了後 マティス米国防長官

 【ワシントン=黒瀬悦成】マティス米国防長官は4日、国防総省で記者団に、平昌冬季五輪期間中に米韓合同軍事演習を行わないことで米韓首脳が合意したことについて、3月18日に平昌パラリンピックが閉会した後に演習を実施することを明らかにした。

 五輪期間中に演習を実施しない理由についてマティス氏は、韓国軍部隊の多くが五輪会場の警備などに忙殺され、兵站上の問題から実施が難しくなるためと説明。ホワイトハウスも「五輪の安全確保に集中するため」と発表した。

 ホワイトハウスによるとトランプ氏は4日に行われた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、米韓が北朝鮮に最大限の圧力をかけ続ける一方、これまでのように北朝鮮と核合意を結んでは裏切られるという「過去の過ちを繰り返さない」との立場で一致した。

 トランプ氏は五輪に高官級の代表団を派遣する意向を改めて表明し、五輪の成功を側面支援する立場を打ち出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ