情報モラル欠如に危うさ ユーチューバー「樹海」自殺遺体動画投稿「炎上」

 「ユーチューブ」で動画を公開しているユーチューバーの米国人男性が日本で自殺したとみられる遺体の動画を投稿し、批判が殺到する「炎上」状態となった。ユーチューバーは日本でも子どもの「将来なりたい職業」の上位に入る人気だが、情報モラルを欠けば一転して非難の的となる危うさをはらんでいる。

 「投稿すべきではなかった。自分が恥ずかしい」。人気ユーチューバーのローガン・ポール氏(22)は今月初め、ファンらにわびる動画を投稿した。ポール氏は山梨県の青木ケ原樹海を仲間と散策した際、首をつって自殺したとみられる遺体を発見し、一部始終を撮影した動画を昨年末に投稿。「不快になった」などとインターネット上で批判され、今月初めに削除したが、それまでに約600万回も再生された。

 ポール氏は自身のツイッターで「自殺防止の意識を高めようとした」と釈明したが、動画には自身が笑みも浮かべるようなシーンもあった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ