金正恩氏と状況次第で直接対話 トランプ氏、南北会談に期待

 トランプ米大統領は6日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と、状況次第では直接対話してもよいとの立場を示した。韓国と北朝鮮による9日の会談についても「うまくいくことを望む」と強い期待感を表明した。首都ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで記者団の質問に答えた。

 トランプ氏は金氏との直接対話について「いつも対話は良いことだと思っている。対話しても問題はない」と話す一方、無条件にということではないとくぎを刺した。具体的な条件には言及しなかった。

 トランプ氏は南北会談について、両国が平昌冬季五輪を巡る協議に成果を出すことを期待する一方、「五輪問題を大きく超える協議に発展すれば素晴らしい」と指摘。さらに「適切な段階」で米国が直接関与するとも明言した。その上で「こうした協議を通じて、何らかの成果が出れば、世界にとって素晴らしいことだ。非常に重要だ」と述べた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ