北が平昌五輪へ代表団派遣で合意「核は米国を狙ったもので同族に向けたものではない」と北首席

 【ソウル=桜井紀雄】閣僚級を首席代表とする韓国と北朝鮮の代表団は9日、南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で会談し、北朝鮮が2月9日開幕の平昌五輪に代表団を派遣することや、軍事的緊張緩和のための軍当局間会談の開催で合意した。韓国側代表団が明らかにした。南北会談は2年1カ月ぶりで、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、初めて。

 韓国側は会談で「非核化に向けた対話再開が必要だ」との立場を表明。これが「非核化を協議」として韓国で報じられたことに、北朝鮮側首席を務める対韓窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は会談の最後に「われわれが保有する核爆弾など最先端兵器は徹頭徹尾、米国を狙ったもので、同族に向けたものではない」と強く反発し、立場の違いも鮮明になった。核問題はあくまで米国に核保有国だと認めさせる問題だと強調し、米韓を引きはがす狙いがのぞく。

 9日夜には、五輪の成功に向けた積極的協力をうたった共同報道文を採択。北朝鮮が高官級代表団や選手団、応援団に加え、芸術団やテコンドー演武団、記者団を派遣することが盛り込まれた。韓国側は必要な便宜を保証するともした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ