「文在寅大統領、慰安婦で出口見えず迷走。南北関係優先か」と慶応大の西野純也教授

 ■慶応大の西野純也教授(東アジア国際政治)の話

 「文在寅大統領にとって慰安婦問題の日韓合意は、韓国の国民が納得しない形でつくられた、朴槿恵前政権の“負の遺産”と位置付けられる。

 文政権は国内の状況と日韓関係を両立させる適切な処理方法を探し続けてきたが、年頭記者会見の発言でも具体案はなく、何をもって「解決」としたいのかもはっきりしなかった。出口が見つからず迷走しているようだ。

 慰安婦問題で文大統領が明確なのは、元慰安婦に徹底的に寄り添い、国民の理解を得ることだ。このまま合意を受け入れることはできず、日本政府に何らかの要求をしても反発を強めるだけだと理解もしているだろう。

 北朝鮮との対話が始まった今、韓国政府は南北関係に力を注ぎたいはずで、慰安婦問題はまず国内でできる対応を優先し、日本との協議は後にしたいというのが本音ではないか」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ