ダボス会議に米閣僚が大挙

 【ワシントン=塩原永久】米ホワイトハウスは11日、スイスの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、23~26日)に出席するトランプ大統領に同行する政権幹部を発表した。ムニューシン財務長官を筆頭に、ティラーソン国務長官やロス商務長官ら総勢十数人がダボス入り。「米国第一」を掲げるトランプ政権の存在感をアピールする。

 ムニューシン氏は11日の記者会見で、トランプ氏らの代表団が「米国第一の経済戦略を語る」と話した。「米国にとって好ましい経済は、世界経済にとっても好ましい」とも指摘。米国の利益を優先する方針を擁護する構えだ。

 通商代表部(USTR)のライトハイザー通商代表も参加する。ムニューシン氏は、トランプ氏が会議で「公正で互恵的」な通商関係を改めて求める見通しだとした。協議が難航しているメキシコやカナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐっては、交渉が妥結しなければ「脱退する」と述べた。

 代表団にはこのほか、チャオ運輸長官やペリー・エネルギー長官らの閣僚に加え、クシュナー大統領上級顧問らホワイトハウス高官も名前を連ねている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ