北朝鮮の核実験場、西側坑道の掘削活発化 将来の核実験に使用か

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は11日、昨年12月28日に撮影された商業衛星写真の分析に基づき、北朝鮮北東部豊渓里(ブンゲリ)核実験場の西側坑道で掘削作業が活発化していると発表した。同サイトは、西側坑道が将来の核実験に使用される可能性があるとの見方を示した。

 同サイトによると、西側坑道の入り口付近に採鉱用のトロッコ約9台が確認されたほか、掘削作業で出た土砂を捨てる山の規模が大きくなっていた。

 また、核実験場の南にある支援施設の中庭で約100~120人の人員が7つに分かれて隊列を作っていた。同施設で人影が確認されるのはまれで、多数の人員が集合している目的は不明としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ