金正恩氏の甘い罠…北は「平昌五輪参加」で一石五鳥を狙っている

 さっそく米韓合同軍事演習を延期させたが、狙いは「韓国カード」のさらなる政治利用だ。その主なポイントは5つ。

 (1)すでに文在寅政権は取り込まれた。今後、離散家族再会などの人道問題を北朝鮮が受け入れれば、韓国は米韓合同軍事演習の実施を拒むだろう(2)米国は五輪期間中の軍事演習を見合わせたが、今後も韓国が演習中止を要請すれば米韓同盟関係に亀裂が入る(3)対話ムードは国際社会の対北制裁を鈍らせる(4)南北対話で人の往来が実現すれば韓国の資金が北朝鮮に流れる(5)北朝鮮は南北対話を口実に時間稼ぎが可能になった。

 北朝鮮が核・ミサイル開発の放棄を前提とする対話に出る可能性は限りなくゼロに近い。この時間稼ぎを米国はどこまで許容するのか。日米は懸念を持ちつつ韓国文在寅政権の行動を見守っている。

金正恩氏に借りを作った文在寅大統領

 韓国の文在寅大統領は10日の年頭会見で「条件が適切であればいつでも首脳会談を行うことができる」と南北首脳会談に改めて意欲を示した。文大統領は就任当時から南北首脳会談に意欲をみせていただけに、ますます前のめりである。

 韓国は北朝鮮に、五輪開催の盛り上げで「借り」を作った格好だ。平昌五輪をめぐっては、北朝鮮の脅威から五輪参加に留保を付ける国もあったが、南北融和ムードを演出したことで韓国は北朝鮮に主導権を取られた形だ。韓国は今後、北朝鮮に政治的譲歩を迫られるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ