平昌五輪 北が管弦楽団140人を派遣、江陵やソウルで公演 芸術団派遣協議に金正恩氏の信任厚い女性楽団長が出席

 金委員長は自らの肝煎りで牡丹峰楽団を立ち上げるなど音楽公演に力を入れており、北朝鮮が対外宣伝色の強い芸術団派遣問題を優先させた裏に金委員長の意向が働いた可能性もある。

 北朝鮮は15日、選手団や応援団など、派遣全体について話し合う次官級実務会談を17日に板門店の韓国側施設で開くことを提案。対韓窓口機関、祖国平和統一委員会の田鍾秀(チョン・ジョンス)副委員長ら3人の出席を通知した。韓国側はもともと、派遣問題全体の実務会談の15日開催を求めていた経緯もあり、提案を受け入れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ