ヒョン氏率いる北朝鮮の視察団がソウルに 江陵での視察を終える 平昌五輪

 【ソウル=名村隆寛】2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせ、韓国で公演する北朝鮮の「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長ら7人の視察団は22日、韓国北東部の江陵(カンヌン)での視察を終え、高速鉄道KTXでソウルに移動した。

 一行はソウル市内で公演に利用できる劇場を視察した後、同日中に往路同様、京義線道路を通って北朝鮮へ戻る予定だ。

 南北合意により、三池淵管弦楽団はソウルと江陵でそれぞれ1回ずつ公演を行う。21日には江陵で2つの施設を視察しており、公営の「江陵アートセンター」が公演の会場となる可能性が大きい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ