韓国スキー選手ら45人が特別機で北朝鮮入り 金正恩氏肝いりスキー場で合同練習へ 平昌五輪

 【ソウル=桜井紀雄】韓国と北朝鮮が平昌五輪に合わせ、北朝鮮東部、馬息嶺スキー場で行うことで合意した南北合同練習に参加する韓国のスキー選手やスタッフら代表団45人が31日午前、特別機で北朝鮮に向かった。1泊2日の日程で北朝鮮選手らと合同練習や親善競技を行う。韓国統一省当局者が明らかにした。

 代表団は、韓国北東部、江原道の襄陽空港を出発。北朝鮮東部、元山の葛麻飛行場を経由して馬息嶺スキー場に入る。参加する韓国選手約20人には、五輪代表は含まれない。2月1日の帰路では、北朝鮮のスキー選手らが特別機に同乗し、訪韓する予定だという。

 実施の公表が出発直前までずれ込んだことについて、当局者は、制裁をめぐる米国との調整のためだったとしている。米国は、北朝鮮を経由した航空機の米国への着陸を180日間禁じる独自制裁を取っているため、事前協議が必要だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ