平昌五輪 プーチン大統領が陳謝 五輪出発前のロシア選手に

 ロシアのプーチン大統領は31日、モスクワ郊外の大統領公邸で平昌冬季五輪に出場するロシアの選手と面会し、ドーピング問題で多くの選手が国際オリンピック委員会(IOC)から五輪出場を認められなかったことについて「皆さんを守れなかったことをお許しください」と陳謝した。

 金メダルへの期待が高いアイスホッケー男子の選手らを前にプーチン氏は「五輪に参加できなくなった選手たちのことを心配している」と述べる一方、参加選手には政治などに惑わされず「競技に集中できるように祈っている」と述べた。

 国ぐるみのドーピング問題で、選手団の派遣を禁じられたロシアからは、潔白を証明した選手が個人資格で国歌や国旗を使えない「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場する。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ