正恩氏が『従北』文政権に揺さぶり「美女亡命者返せ」 平昌五輪を事実上の“人質”に

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が、韓国に新たな要求を突き付けてきた。韓国に集団亡命した美女軍団ら13人の送還を求めたのだ。韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権が「南北関係改善」を掲げる平昌(ピョンチャン)冬季五輪を、事実上の「人質」に取ったともいえる。「従北」の文政権はどうするのか?

 《北朝鮮国連代表部 韓国に亡命の13人の送還求める声明》

 NHKは1月31日、こう報じた。スイスにある北朝鮮の国連代表部が30日、報道機関宛ての声明で、2016年に集団亡命した北朝鮮レストランの女性従業員ら13人の送還を、韓国に突きつけたという。

 女性従業員12人と男性支配人1人は、中国浙江省寧波の北朝鮮レストランで勤務していたが、16年4月に東南アジアを経て韓国に亡命した。女性従業員はエリート層の出身とされ、美女ぞろいで知られる。

 亡命以来、北朝鮮当局はことあるごとに返還を求めてきた。先月9日の南北閣僚級会談でも、韓国が南北離散家族再会事業の実施に向けて赤十字会談を提案したところ、北朝鮮は従業員の送還が前提と主張し、交渉は決裂した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ