平昌五輪 選手村などにコンドーム配布、過去最多の11万個

 【平昌=時吉達也】9日開幕の平昌五輪で、各国の選手や競技スタッフ約6200人が生活する選手村を中心に、コンドーム約11万個が配布される。前々回のバンクーバーや前回ソチなどの10万個より1万個多く、冬季五輪では過去最多となる。

 平昌五輪組織委によると、コンドームは平昌、江陵(カンヌン)の両選手村に4万個ずつ配布されるほか、競技場や関連施設にも用意される。選手村では、化粧室にコンドームの入ったかごなどを設置するという。韓国の国内メーカーが10万個、大韓エイズ予防協会が1万個を寄付した。

 五輪でのコンドーム配布数の集計は1988年のソウル五輪から始まり、当時は8500枚だった。夏季五輪では前回リオデジャネイロの45万個が最多。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ