韓国の慰安婦合意反故「背景に東京裁判史観あり」との指摘

 だがそんな国内事情などにお構いなく、昨今、日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しており、むしろこの日本の弱みにつけ込むように中国や北朝鮮の軍事的挑発行動はエスカレートする一方である。ところがこうした軍事的脅威に直面しながらも、GHQによって押し付けられた日本国憲法を変えることはもとより、議論することすら許さないという信じがたいことを言い出す人々がいる。

 ちょっと待ってもらいたい。憲法の条文を死守することは国民の命を守ることより大切なのだろうか。本末転倒とはこのことを言う。

 東京裁判史観あるいは自虐史観に洗脳された戦後の日本には、憲法九条が改正されて自衛隊が軍隊になれば戦争になるというとんでもない妄想が蔓延してしまっているのだ。もはや“幻覚症状”としか言いようがない。

 また日本が人道支援を目的に自衛隊を世界各地に派遣しようとしても、日本の自衛隊が海外に出て行くとアジアの人々の脅威になるのではないか、それは軍国主義への道を歩もうとしていると言い出し、おきまりの「これはいつか来た道」と訝しがる人が出てくる。そんなときは、「いやいや、そもそもそんな道を来てないって!」と突っ込みを入れたくなる。

次ページとにかく日本人は、東京裁判史観の呪縛によって…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ