平昌五輪 入港禁止のはずの万景峰が北芸術団乗せ韓国入り 金正恩氏の妹が見送り

 【江陵=桜井紀雄】平昌五輪に合わせ、競技会場がある韓国北東部、江陵(カンヌン)とソウルで公演を行う北朝鮮の芸術団「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」員らを乗せた貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」が6日、江陵に隣接する東海(トンヘ)の港に到着した。韓国は北朝鮮船舶の自国入港を独自制裁で禁じているが、今回、「五輪を成功させるための例外措置」として認めた。

 韓国統一省当局者などによると、万景峰92を韓国の護送艦が案内。女性管弦楽団長の玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏らが率いる楽団員114人と支援要員が乗船している。到着後、簡単な歓迎行事が予定されている。五輪開幕前夜の8日に江陵で、11日には、ソウルで公演。楽団員らは船で宿泊する。

 朝鮮労働党機関紙、労働新聞によると、一行は5日に列車で平壌を出発。金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の妹、金与正(ヨジョン)党宣伝扇動部副部長らが見送った。日本海側の元山(ウォンサン)で万景峰92に乗船した。

 北朝鮮は当初、芸術団を陸路で派遣するとしていたが、4日夜に突然、万景峰92を使うと通知した。同船はかつて元山と新潟などを結んでいたが、北朝鮮のミサイル発射や核実験を受け、日本政府が2006年から入港を禁じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ