平昌五輪通じて「北朝鮮と接触を」横田早紀江さん

 北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(82)が8日、神奈川県議会を訪れ、平昌五輪開幕にあわせて北の要人が訪韓することに触れて、「(日本政府は)このチャンスを生かして、何らかの形で北朝鮮に接触し、拉致問題に関する話し合いを持ってほしい」と語った。

 そのうえで「家族も老齢化して、一刻を争う状況だ。拉致問題に対する怒りを、国民全体で意思表示してもらいたい」と述べた。

 早紀江さんは同日、拉致問題解決に取り組む「救う会」の西岡力会長らとともに、地方議員有志で構成される「拉致問題地方議会全国協議会」会長を務める松田良昭県議らと面会し、「政府に今年中の全被害者救出を再度求める」とする新たな運動方針への理解を求めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ