平昌五輪 金正恩氏の妹、与正氏ら北代表団が専用機で韓国へ 国連制裁からは一時除外

 【平昌=桜井紀雄】平昌五輪の開会式に出席する北朝鮮の金(キム)永(ヨン)南(ナム)最高人民会議常任委員長や金正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与(ヨ)正(ジョン)氏ら高官代表団が9日午後、空路、韓国入りする。専用機で仁(イン)川(チョン)国際空港に到着後、平昌に移動。11日まで滞在し、10日には、文(ムン)在(ジェ)寅(イン)大統領との昼食会に出席する。金日(イル)成(ソン)主席の直系親族の訪韓は与正氏が初めて。

 金永南氏は対外的に元首の役割を担い、与正氏は金正恩氏と最も親しく、直言もできる存在とされる。閣僚級の李(リ)善(ソン)権(グォン)祖国平和統一委員長も代表団に加わっており、五輪をてこにした融和攻勢に向けた正恩氏の強い意思の表れとみられる。

 代表団から文氏に正恩氏の親書やメッセージが伝達されるかどうかも注目される。

 代表団の一人、崔(チェ)輝(フィ)国家体育指導委員長は、国連安全保障理事会の制裁で渡航が禁じられている。安保理の北朝鮮制裁委員会は8日、韓国の要請を受け、対象からの一時除外を決めた。北朝鮮の高(コ)麗(リョ)航空は米韓が独自制裁対象に指定しているが、専用機について韓国統一省は「制裁対象ではない」との立場を示した。与正氏も米国の制裁対象であり、韓国政府が米政府に理解を求めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ