平昌五輪 北朝鮮におもねる韓国 空港到着の金永南氏に

 平昌五輪開幕に合わせて9日、韓国入りした金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長に対し、迎え入れた韓国政府側が「大事な客が来るので天気も好転した」などと異常なまでにおもねる場面があった。五輪前の文化行事キャンセル、韓国の独自制裁を犯す形で入港させた「万景峰92」…。顔に何度泥を塗られても、「五輪成功」のためには腰を低くするということか。

 金永南氏はこの日、韓国の仁川空港に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏らとともに到着。朝鮮日報(日本語電子版)によれば、金永南氏が最初に飛行機を降りた後、金与正氏が3~4メートル離れて降りてきたという。

 韓国側は統一省の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官らが迎え入れ、北朝鮮一行を空港のVIP室「三無窮花」に通した。

 金永南氏は趙氏らに対し、「影を見るだけで、誰が南の人間で誰が北から来た客なのかということがよく分かる」と意味深長な言葉を投げかけた。続けて、「今の外の温度は何度か」との質問に韓国側が現在の温度を伝えると、「平壌の気温と特に差はないな」などと応じたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ