北朝鮮応援団 「独島」入り統一旗で応援か 平昌五輪

 【平昌=桜井紀雄】平昌冬季五輪の開会式が9日に開かれた平昌五輪スタジアムで、北朝鮮から派遣された応援団の女性らは、朝鮮半島の日本海側に竹島(島根県隠岐の島町)とみられる青い点を描いた「統一旗」をそろって振っていた。

 韓国は、竹島を「独島(トクト)」と称し、領有を主張。北朝鮮も朝鮮半島に属すると主張している。

 大会組織委員会は、今回の南北合同入場行進に使われる統一旗には、北朝鮮との過去の合意に基づき、竹島は入らないとしていた。

 北朝鮮は、これに反し、五輪に政治色を持ち込んだことになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ