平昌五輪 韓国の破格待遇に満足?北の機関紙、開会式での握手写真など多数掲載

 10日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、平昌冬季五輪開会式に参加した北朝鮮代表団の動静を1~2面に多数の写真を掲載して報じた。最高人民会議の金永南常任委員長や金与正党第1副部長が韓国の文在寅大統領と握手する写真を載せるなど南北関係の改善を強調する報道ぶりで、韓国側の対応に満足していることの表れともみられる。

 同紙は、開会式前のレセプションで金永南氏が文氏と「温かいあいさつを交わし、記念撮影した」と伝え、2人が乾杯する写真も掲載。開会式で南北の合同入場行進が行われた際、文氏や金永南氏らが共に立ち上がり手を振ったことや、北朝鮮の芸術団や応援団も参加したことなどを詳細に報じた。

 金永南氏がレセプションで「各国の首脳らともあいさつを交わした」とも伝えたが、安倍晋三首相と会話したことには具体的に触れなかった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ