アサーンジ氏また敗訴 英裁判所 逮捕状執行停止認めず ウィキリークス創設者

 【ロンドン=岡部伸】英BBC放送などによると、ロンドンのウエストミンスター下級裁判所は13日、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサーンジ氏(46)に対する逮捕状執行停止などの申請を却下した。

 同裁判所は6日に逮捕状の取り下げ申請も却下しており、同裁判所の裁判官は13日の公判で「逮捕はふさわしい対応」と述べ、弁護士の訴えを退け、アサーンジ氏は再び敗訴となった。

 逮捕状の容疑は、英国で保釈中に裁判所へ出廷しなかった疑い。

 アサーンジ氏はロンドンのエクアドル大使館に約5年半籠城しており、弁護士は長期にわたる籠城によってアサーンジ氏は相応の罰を受けていると主張。スウェーデン検察が昨年、アサーンジ氏に対する性犯罪容疑の捜査終結を発表したため、弁護士は英国の逮捕状は「目的を失った」と主張していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ