平昌五輪 北朝鮮の美女応援団「記念品」持ち帰らず

 9日に行われた平昌五輪の開会式用に組織委員会側が用意した「記念グッズ」について、ほとんどの観客が持ち帰る一方、北朝鮮の「美女応援団」が置き去りにしたことが韓国国内で話題になっている。

 朝鮮日報(電子版)のキム・スンジェ記者のコラムによると、開会式グッズは、極寒から身を守るカイロ、ひざ掛けのほか、太鼓、聖火のトーチを模した小さなライトなど。

 キム記者は「韓国の物は一切持ってきてはならない、という上部の指示があったとも考えられる」「『共和国の自尊心』を守ろうとした行動とも考えられる」などと推測した。

 北朝鮮応援団の周囲には北朝鮮の公安関係者が常に待機し、その行動を監視しているといわれる。派手な応援スタイルばかりが注目される美女軍団だが、厳格な統制下に置かれているのは間違いなさそうだ。(五輪速報班)

 ▼こんな記事も↓

 異様にスリムな美女軍団の『北朝鮮レストラン』 本国の苦境反映?おしぼりは…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ