平昌五輪 イバンカさんが23日訪韓「金与正氏以上に厚遇」?

 【平昌=桜井紀雄】25日の平昌五輪閉会式に合わせ、トランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官が23日から訪韓すると複数の韓国メディアが20日までに報じた。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が妹の金与正氏を「特使」として派遣。文在寅大統領の訪朝まで招請しただけに、文政権がイバンカ氏をどうもてなし、米韓の結束をアピールできるのかが注目される。

 東亜日報は、イバンカ氏が3泊4日の日程で訪韓すると伝えた。開会式に合わせ、9~11日に訪韓した与正氏と同じ2泊3日から1日延長したとしている。中央日報によると、大統領府関係者は、文氏が「与正氏を迎えた以上に最高の礼遇をするだろう」と述べた。

 イバンカ氏と与正氏はともに政権の要職にあるだけでなく、国のトップの父や兄に直言できることで知られる。イバンカ氏がトランプ氏の重要なメッセージを携えて来る可能性もある。

 訪韓中、主に文氏の金正淑夫人が案内役を務めるとも伝えられる。与正氏は訪韓中、金夫人にも「文大統領と必ず平壌に来てください」と取り入っただけに、文氏をどれだけ米側に引き戻せるか、イバンカ氏の“手腕”にも関心が集まる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ