小池百合子都知事、平昌パラリンピック視察へ調整

 東京都の小池百合子知事が、3月9日開幕の平昌パラリンピックを視察する方向で調整を進めていることが21日、分かった。

 小池氏は平昌五輪の視察は「役割が特になく、私自身は行かない」として見送ったが、パラリンピックの視察は2020年東京大会に向け、現地でのバリアフリー対応を確認するとともに、機運醸成の狙いがある。

 平昌パラリンピックは3月18日まで。平成30年度予算案を審議する都議会定例会が今月21日~3月29日の日程で開会されている中での海外出張となり、議会側にも理解を求めながら日程を調整する。

 小池氏は21日午前の報道陣の取材に対し、「東京大会でもパラリンピックを成功させたいという思いは大変強くあるが、議会中なので議会の皆様方のご理解を得なければいけない。まだ決まっていない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ