「平昌は平壌にあらず」広告板お目見え 「平和攻勢に騙されるな」

 「平昌は平壌にあらず!」。五輪開催中の平昌と北朝鮮の首都・平壌とは別の街であると訴えるとともに、五輪に合わせ“平和攻勢”を仕掛ける北朝鮮にだまされるべきでないと警鐘を鳴らす広告板が米ニューヨークに登場した。“NY発”のアピール効果のほどはいかに-。

 韓国紙、朝鮮日報(電子版)によると、この広告板は、韓国系米国人が多数居住するニューヨーク市フラッシング地区のバス停わきに設置されたもので、縦2メートル、横1.5メートル。市内で販促物製作会社を経営するハン・テギョク氏(73)が7500ドル(約80万円)かけて製作した。

 広告板には太極旗(韓国の国旗)が描かれ、「平昌は北朝鮮の平壌ではない」と表記されているほか、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が妹の与正氏を平昌五輪に送り込むなど、平和攻勢を仕掛けていることについて「平壌の政治宣伝にだまされるな」と強調する文言ももある。

 また、古代ギリシャのトロイを陥落させるため、木馬の中に兵士を潜ませてトロイの城に送った話にちなみ、北朝鮮を「トロイの木馬」に見立てた絵も掲載されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ