中国、鉄鋼の過剰生産解消を継続 トランプ米政権の批判かわす狙い

 中国のマクロ経済政策を主管する国家発展改革委員会の寧吉哲副主任は6日、北京で記者会見し、鉄鋼の過剰生産の解消に継続的に取り組み、2018年は生産能力を約3千万トン削減する方針を示した。

 日米欧は中国の過剰生産が世界の鉄鋼製品の価格低下を招いていると問題視。特にトランプ米政権は中国を主な標的として鉄鋼の輸入制限を導入する方針だ。中国は過剰生産解消に積極的な姿勢をアピールすることで、批判をかわしたい考え。

 寧氏は、業界の再編などを通じて生産能力の削減を行うと説明した。鉄鋼などの生産能力削減の目標は、李克強首相が5日に全国人民代表大会(全人代)で表明した政府活動報告にも盛り込まれている。

 同席した同委員会トップ、何立峰主任は「過去2年で鉄鋼の過剰生産能力を1億2千万トン解消した」と述べ、これまでの成果を誇った。中国の17年の粗鋼生産量は約8億3200万トン。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ