トランプ氏、米朝会談を即断即決 韓国訪米団とも突然面会

 【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は8日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談要請に応じた経緯に関し、訪米した韓国の鄭義溶・大統領府国家安保室長から金氏が会談したがっていると聞き、即時に会談の実施を決断したと報じた。

 米政権高官が同紙に語ったところでは、トランプ氏は鄭氏と会う予定はなかったものの、鄭氏ら訪米団が米高官らとホワイトハウスで会談していると聞いて直ちに鄭氏を大統領執務室に呼び、訪朝した際の金氏との会談内容について教えるよう求めた。

 鄭氏が金氏の会談要請について述べると、トランプ氏は会談すると即答し、ホワイトハウス記者団に発表するよう指示した。当惑した鄭氏は、とりあえず文在寅大統領に電話をかけて了承を得た。

 一方、突然の事態に呆然となったホワイトハウス当局者らは、米朝会談の場所に関し、トランプ氏が金氏を米国に招くかどうかについて協議を開始。政権高官は訪米要請も十分にあり得るとした上で、米当局者らは金氏が招待を受け入れることはなさそうだとみていると語ったとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ