トランプ氏、対日赤字に不満 EUには関税撤廃要求

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は10日、ツイッターへの投稿で、日米経済について「米国は巨額の貿易赤字を抱えている」との不満を表明した。また安倍晋三首相と「米国との貿易をより良いものにするために日本(市場)の開放について話し合った」とも言及した。日本時間9日の電話会談を指すとみられる。

 トランプ氏は現在の対日貿易赤字は、「公正でないし、持続不可能だ」と指摘。そのうえで「全てうまくいく」と述べ、日本に譲歩を迫っている。

 一方、別の投稿では鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に反発している欧州連合(EU)を、「貿易で米国をひどく扱っているのに、鉄鋼とアルミへの関税には文句をつけている」と批判。EUが米国製品に課す関税の撤廃が、EUを輸入制限の対象から外すことの条件だとの考えを示唆した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ