米国務長官解任 中国、朝鮮半島情勢の対話路線継続に期待

 【北京=三塚聖平】トランプ米大統領がティラーソン国務長官の解任を決めたことについて、中国外務省の陸慷報道官は14日の記者会見で「二国間関係の発展と、中米の重要分野における協力が影響を受けないよう望む」と強調した。その上で、朝鮮半島情勢に与える影響について、「米朝双方が直接対話に意欲を示していることを含め、最近の半島情勢で積極的に出てきている政治的な意思を維持することを望む」と緊張緩和に向けた動きの継続に期待した。

 トランプ氏が次期国務長官に指名した米中央情報局(CIA)のポンペオ長官については、「中米関係が引き続き健全で安定的な発展を保つ」よう、ポンペオ氏と協力していく方針を示すに留めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ