新たな高官更迭を検討 トランプ大統領、友人に意向

 トランプ米大統領の友人でニュースサイト「ニュースマックス」の創設者クリス・ラディ氏は25日、ABCテレビのインタビューで、トランプ氏から政府高官の新たな更迭を近く検討すると伝えられたと明らかにした。対象ポストは一つか二つになるという。

 ラディ氏は、更迭観測が流れているケリー大統領首席補佐官について「大統領は仕事ぶりに満足しており、残留するだろう」と語った。一方、ホワイトハウス筋の話として、シュルキン退役軍人長官が近く更迭されるとの見通しを示した。

 トランプ氏は今月、辞意を表明したコーン国家経済会議(NEC)委員長の後任に経済評論家のクドロー氏を充て、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を更迭し、ボルトン元国連大使を起用する人事を発表。政権運営の混乱を伝える報道が相次いだ。

 ラディ氏は「トランプ氏はホワイトハウスを円滑に運営できていると思っている」と強調。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ