「すぐにシリアから出る」 トランプ大統領が米軍撤退に言及

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は29日、中西部オハイオ州で演説し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討作戦のためシリアに駐留する米軍について、「私たちはすぐにシリアから出ることになる」と述べ、早期の撤退を目指す考えを示した。戦費を国内の公共事業に充てる考えを強調した発言で真意は不明だが、シリアのアサド政権を支えるロシア、イランを増長させる恐れがある。

 米軍はIS掃討作戦で現地勢力を支援するため約2千人がシリアに駐留している。トランプ氏は1月末の一般教書演説でシリア、イラクでIS支配地域の「ほぼ100%」を解放したとしている。

 また、米軍が撤退した後のシリア情勢の処理に関しては「他者に引き受けさせる」と語った。

 「他者」が何を指すかは明らかにしなかったが、米政府はロシア、イランの影響力増大を懸念し、アサド政権と戦う反体制派勢力などを支援し、シリア内戦の和平協議に見通しが立つまでは米軍を留めるとしてきた。国防総省のホワイト報道官は29日の記者会見でシリア和平への取り組みが続く間は「安全と安定のため協力する」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ