米大統領補佐官にボルトン氏 リベラル系米紙「戦争に向かわせる危険人物」

 トランプ米大統領は更迭したマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任に、北朝鮮やイランへの強硬姿勢で知られる共和党タカ派の代表格、ボルトン元国連大使を指名した(9日付で就任)。この人事をリベラル系米紙は「危険」と強調、仏誌はトランプ外交の一貫性欠如の表れと批判した。一方、イスラエル紙は「(自国の)ネタニヤフ首相にとっては歓迎すべき変化だ」と指摘した。

     

戦争に向かわせる危険人物 ニューヨーク・タイムズ(米国)

 リベラル系の米紙ニューヨーク・タイムズは3月24日付で「ジョン・ボルトンは本当に危険だ」とする社説を載せた。

 同紙は、「ボルトン氏ほど、米国を戦争に向かわせる人はいない。彼の任命はトランプ大統領がこれまで行った中で、最も憂慮すべき判断だ」と危機感を強調。また「国際法や条約、前政権での政治的誓約を考慮することなく、米国はやりたいことができるのだと信じている」と、その政治姿勢を批判した。

 さらに北朝鮮への先制攻撃や、イランの核施設に対する空爆などを主張してきたボルトン氏を「外交を著しく軽視し、軍事的解決を好んできた」と指摘。対北外交では、軽水炉と重油の供与を受ける見返りに北朝鮮が黒鉛減速炉の開発凍結を約束した1994年の「米朝枠組み合意」を挙げ、「彼ほど合意を破滅させるために懸命に取り組んだ人はいない。合意の破棄は、20個以上の核兵器を持つとされる北朝鮮の今日の状況を作り出した」と“戦犯”に位置づけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ