トランプ米大統領、対シリア行動で最終決断に到らず 慎重に化学兵器を分析

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は12日、国家安全保障会議(NSC)を開き、化学兵器使用疑惑が持たれるシリアのアサド政権への軍事攻撃を含めた対応を協議した。トランプ氏は同日、「かなり早く」決断を下すと述べていたが、最終決定するには至らなかった。ホワイトハウスが発表した。

 トランプ政権は12日も、使われた化学兵器の特定を通じてアサド政権が使ったという証拠固めを急ぐとともに、トランプ氏がマクロン仏大統領、メイ英首相と会談。同盟国と協調行動を取るための調整を続けた。シリア内戦への介入やアサド政権を支援するロシアとの衝突を回避するため、慎重に検討しているとみられる。

 サンダース大統領報道官は12日のNSC終了後、「最終決定はなされていない。情報の評価を続け、協力国や同盟国と協議する」とする声明を発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ