トランプ米大統領、米朝会談は「素晴らしいものになる」と強調

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで記者団に対し、5月にも見込まれる米朝首脳会談に関し、「目下、設定が進められている」と述べた上で、「会談は素晴らしいものになる。(米国として)大いなる敬意をもって臨むことになる」とし、会談の行方を楽観視していることを示唆した。

 トランプ氏はまた、「中国とはうまくやっている。核兵器を取り除くことは彼らにとって良いことだ」と語り、貿易をめぐる中国との摩擦とは別に、北朝鮮問題をめぐる米中協力は順調であることを強調した。

 一方、トランプ氏から次期国務長官に指名されたポンペオ中央情報局(CIA)長官は12日、上院外交委員会での指名承認公聴会で米朝首脳会談に関し、「(北朝鮮の核放棄に向けた)包括的合意に至ることができるなどという幻想は誰も抱いていない」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ