米ボストンテロ5年、死者悼み献花市長「強さ得た」

 米ボストン・マラソンのゴール付近で爆弾2発が爆発し3人が死亡、260人以上が負傷したテロから5年となった15日、マサチューセッツ州ボストンで追悼式典が行われた。ウォルシュ市長は「ボストンは5年間で愛に根ざした強さを取り戻した」とあいさつした。米メディアが伝えた。

 ウォルシュ氏と同州のベーカー知事は、爆発の現場で献花した。

 事件はロシア南部チェチェン系の兄弟が起こした。兄は警察との銃撃戦で死亡し、逮捕された弟は死刑を言い渡された。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ